top_blog

カラコンの安全性あれこれ 福岡天神大名でコンタクトなら『TENJIN 中央コンタクト』

「TENJIN中央コンタクト」の井手口です。

☆★☆10月30日明日は「ハロウィン」本番☆★☆

去年のハロウィンは天神大名の街も仮装した方が
たくさんいましたが、今年は雨の影響で少なくなった模様・・・。


ニュースでも話題になっていますが、
ついにハロウィンの市場はバレンタインを超えたそうです。

つい最近急速に広まったように感じますが、
どうやらfacebookなどのSNSの普及も影響しているようです。

大人が仮装するハロウィンは日本独特みたいですが、
これから先も仮装する人は増え続けるのでしょうか。

来年も楽しみですね( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今回はハロウィンの仮装で皆さんも使用されたかもしれませんが
カラーコンタクトレンズ、カラコンの安全性についてのお話です。

カラコン使用時に気にして欲しいことを挙げてみました。( ´◡` )۶


① 眼科でちゃんと合っているものを処方してもらいましょう☆

no-translate-detected_1139-466 基本的なことですが、コンタクトは「高度管理医療機器」に
位置づけられています。

「高度管理医療機器」ってなに?
皆さんが知っているものではペースメーカーもそれに位置づけ
られています。つまり、使用方法を間違えると人体に大きな影響を
与えるものということです。

近年問題になっているのは、カラコン使用者の中で眼科受診歴が
ない方が増えているということです。

ブログを見て頂いている方の中にも、正しい使用方法を知らないまま
見様見真似で使ってらっしゃる方も多いかもしれませんね。
これを機会に一度眼科に行ってみて適切な使用方法、適切な規格の
レンズを教えてもらってみてはいかがでしょうか。


② 着色部が目に触れないものを選びましょう★

カラコンの着色方法はメーカーによって違うのですが、
大半のものはサンドイッチ構造で着色されています。

サンドイッチ構造とは名前の通りイメージしてもらえばよいのですが、
着色部の層を透明の層で挟み込む方法のことをいいます。

2week_define_img_003
過去に問題になった例としては、着色部分の挟み込みがあまく、
レンズ表面が凸凹になっており、それが原因で角膜障害を起こしたり、
なかには着色剤が流出し角膜に付着してしまい眼障害を起こす
といった例もあるようです。


③ 酸素を通すカラコンをえらびましょう☆

01sbox03_img02
本来、人の黒目も呼吸をしているためコンタクトを乗せることで
酸素不足を引き起こしてしまう可能性もあります。
酸素不足が与える黒目への影響は過去のブログでも
紹介しているのでぜひ見てみてください。)

通常のコンタクトレンズ(透明のもの)では酸素を通すことを
重視され、素材の改良も進み問題なく使用できるものが
多く普及しています。

しかし、カラコンは先ほどもお話ししたように、着色剤をクリアな素材で
挟み込むため、「着色部分は酸素を通さない」というものが多く
流通しています。

カラコンなのでどんな色かを気にして商品選びをされていると
思いますが、酸素を通すものなのかどうかも少し気にして
探してみてください。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

長々と書いてしまいましたが、一番伝えたいことは
「正しい知識をもってカラコンを使用しましょう」ということです。

「天神中央コンタクト」ではご相談のみも承っております。
安心・安全のコンタクト選びのお手伝いをさせて頂きます。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください。




This entry was posted in ブログ and tagged . Bookmark the permalink.
中央コンタクトについて
コンタクト受付時間 10:30〜18:30 日・祝
併設眼科受付 11:00 - 12:30
併設眼科受付 14:00 - 18:30
※ コンタクトレンズ処方の方は併設眼科の受付時間内にご来店下さい。
※ 当店が初めての方でレンズ処方をご希望の方は併設眼科の受け付け終了時間の30分前迄にお越し下さい。
※ ご来店の際には健康保険書をお持ち下さい。
《中央コンタクト》お問い合わせ:092-761-7641、営業時間10:00~18:00(弊社指定定休日を除く)