top_blog

角膜内皮細胞に気をつけて!! 福岡天神大名でコンタクトなら『TENJIN 中央コンタクト』

こんにちは!「TENJIN中央コンタクト」の岩下です。

ゴールデンウィーク中は、コンタクトレンズを着ける時間が
ついつい長くなる方も多いのでは?


装用時間が長くなると
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
角膜内皮細胞が危ない

日ごろからコンタクトレンズの装用時間(1日15時間以上)
装用している方がたくさんいらっしいます。

なるべくコンタクトレンズの装用時間を短くして、眼にかかる負担を少なくしましょう!!
酸素透過性の高いシリコンレンズ・ハードレンズやメガネの併用をおすすめします。

おすすめレンズ(シリコーンハイドロゲル)
トゥルーアイ なぜ装用時間が長いといけないの???(*_*)

コンタクトレンズの長期装用(酸素不足)によって起こりえる、内皮細胞の減少については
よほど進行するまでは自覚症状のない怖いものです。


角膜内皮細胞とは

黒目の一番内側にある細胞で、黒目の呼吸や代謝を担っており
黒目の透明性を維持するのにとても大事な細胞です。
一度減ると再生しない細胞です、気をつけましょう。

図2

TENJIN中央コンタクトでは、角膜内皮細胞を測定できる機械【スペキュラー】
を設置しておりますのでご相談下さい。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.
中央コンタクトについて
コンタクト受付時間 10:30〜18:30 日・祝
併設眼科受付 11:00 - 12:30
併設眼科受付 14:00 - 18:30
※ コンタクトレンズ処方の方は併設眼科の受付時間内にご来店下さい。
※ 当店が初めての方でレンズ処方をご希望の方は併設眼科の受け付け終了時間の30分前迄にお越し下さい。
※ ご来店の際には健康保険書をお持ち下さい。
《中央コンタクト》お問い合わせ:092-761-7641、営業時間10:00~18:00(弊社指定定休日を除く)